HOME 活動報告 健康福祉委員会 議案の可決
活動報告

健康福祉委員会 議案の可決

2017.12.12

昨日の健康福祉委員会では、障害者の大量解雇が問題となった「就労継続支援A型事業所について」、難病や内部障害など外見からは分からなくても援助や配慮を必要とする方々であることを周囲に知らせるための「ヘルプマークの普及拡大について」、放課後等デイサービスの運営に不可欠な児童発達支援管理責任者について、資格取得に必要な受講枠が実態に比して大幅に少なく、減算などの影響が出始めていることから「受講枠の拡大と研修の民間委託について」、大規模災害時に透析患者を始めとした円滑な患者搬送手段を確保するための「規制除外車両の事前届出の対象車両と自治体、関係団体との一括協定について」の4点を質問しました。
また、議案のうち、「国立長寿医療研究センターの機能強化に向けての支援調査費」について、県費として支出する必要性や強化・連携する内容や計画について質問をしました。
委員会としては、提出された議案すべてが妥当であるとして全員賛成で議案を可決しました。

アーカイブ